オープンオフィスの認定試験が大学生協e-ラーニング実務講座で受けられるように成りました

  • 電子書籍「OSS-Cityつうしん Vol.1」出版のお知らせ

      0 comments

    遅くなりなしたが、4月に「OSS-Cityつうしん Vol.1」を出版しましたのでお知らせいたします。

    内容は、これまで開催してきたパソコン講習のうち「Refreshed PC活用コース」の講義内容を纏めたものになっています。

    マイクロソフトによるサポート終了後も、安全にWindowsXPを使い続けるための方法をより詳しく記述しています。

     

    「OSS-Cityつうしん Vol.1」は電子書籍版で、以下のストアから200円で購入できます。

    それぞれのストアで、「OSS-City」で検索すると見つけることができます。

     

    購入方法は、それぞれのアカウントを既にお持ちの方であれば、Amazonなどのストアで商品を購入する場合と同じで、特に難しいことはありません(クリックするだけです)が、通常は以下に示す各端末のアプリ上で購入する方が良いでしょう。

    ちろん、他の端末(PCのブラウザーなど)から購入しても、androidやiosの端末で閲覧することもできます。

    購入・閲覧方法

    電子書籍は、通常タブレットやスマホ、PCで読むことになりますが、そのためにはそれぞれのストアに対応するアプリをインストールする必要があります。

    タブレット、スマートフォンの場合

    android端末(androidタブレット、androidスマホ)の場合は「Playストア」から、ios端末(iPad、iphone、iPod)の場合は「App Store」からダウンロードします。 (以下は、androidスマホの場合です)

    アプリがインストールされたら起動しログインします。

    「ストア」のページに移動し、”OSS-City”で検索すると「OSS-Cityつうしん Vol.1」が検索されます。 (以下は、Amazon Kindleの場合です)

    あとは、ダウンロードするだけでライブラリから閲覧することができます。

    PCの場合

    PCからの書籍の購入は、前述のようにブラウザから行いますが、閲覧はストアによってそれぞれ方法が異なります。

     

    Amazon Kindleは、基本的にPCからの閲覧はできません。

    Kindle for PCと言うアプリが用意されていますが、これは現在のところ日本語に対応していないようです

    Kindleは、 タブレットやスマホからの閲覧になります。

     

    Koboは、PC用の閲覧アプリが用意されています

    ”楽天Kobo PC”などで検索すると以下のようなページを見つけることができますので、Windows用あるいはMac用のアプリをダウンロードすることができます。

    このアプリをインストールし、購入した電子書籍を閲覧します。

     

    google Playブックスの場合は、別個にアプリをダウンロードするわけではなくブラウザから閲覧します。

    ブラウザはIE(古いバージョンでは不可)やChromeが対応しています。

    googleアカウントでブラウザ(ここではChrome)にログインし、googleカレンダーや検索ページから「Playアプリ」を選択します。

    Google playのページが表示されたら、「書籍」→「マイブック」の順にクリックすると、購入した電子書籍を閲覧することができます。

    EPUBとPDF

    電子書籍はEPUBと呼ばれるHTMLベースのファイルで配信され、EPUBに対応したビューアー(上記のアプリ)で閲覧します。

    「OSS-Cityつうしん Vol.1」もEPUBで配信されています。

    EPUBベースの電子書籍は様々な端末で閲覧可能ですが、レイアウトが単純であったり印刷ができなかったりといった制限もあります。

    そのため、OSS-Cityでは、同じ内容の電子書籍をpdf形式として用意しています。

    閲覧できる端末は実質的にPCやタブレットなどに限られますが、印刷することを前提にしているため非常に見やすいレイアウトになっています。

    このpdfはDRM等の著作権管理の機能を有していないため無制限にコピーや印刷が可能となっています。

    そのため、pdf版の「OSS-Cityつうしん Vol.1」をご希望の方は直接当法人までお問い合わせ下さい。

    お問い合わせ:info@oss-city.or.jp  (クリックするとメールソフトが起動します)

     

  • 4月12日(土)にPC講座を開催します

      0 comments

    OSS-Cityでは4月12日(土)にNPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ様との共催で以下の2講座を開催いたします。

     

     

    会場はさくらWORKS<関内>です。

     

     

     

     

     

     

    LibreOffice/OpenOffice活用コース

    • 講習内容
      LibreOffice/OpenOfficeはMS OfficeのExcelやWordと同じように使える無料のソフトです。
      LibreOffice/OpenOfficeは市販のパッケージソフトではありませんので、インターネットからダウンロードしてからインストールします。
      本講座では、受講者自らサイトからのダウンロード及びインストールを行っていただきます。
      また、家計簿などのコンテンツを実際に作成する事により、LibreOffice/OpenOfficeがExcelやWordと同じように使えることを体験していただきます。
    • 開催日時 2014年4月12日 土曜日 10:00~12:00
    • 開催場所(上記の地図を参照) さくらWORKS<関内> 横浜市中区相生町3-16 泰生ビル2階
    • 受講対象者
      無料のOfficeソフトに興味のある方 Microsoft Officeと同じように使えるのか興味のある方 もちろん、PC初心者大歓迎です
    • 備考
      講習会で使用するPCは当法人で用意しますが、台数に限りがありますので、受講申込者数によっては受講者の個人PCのご持参をお願いする場合があります。 受講申込者の人数によっては、講習会が延期・中止となることがあります。
    • お申し込み方法
      以下の宛先にe-mailにてお申し込み下さい。
      info@oss-city.or.jp (クリックするとメールソフトが起動します)
      本文に以下の内容を記入して下さい。
      ・受験コース:「LibreOffice/OpenOffice活用コース」とお書き下さい
      ・受講者氏名: ・・・受講する方のお名前をお書き下さい
      ・e-mail: ・・・ 「個人PC持ち込み」あるいは「OSS-CityのPC利用」のどちらかをお知らせ下さい
      ・電話: ・・・宜しければお知らせ下さい(必須ではありません)
    • 受講料
      受講料:2,800円
      上記お申し込みメールを受け付け後、振り込み先をご連絡いたします。
      事前のお振り込みが難しい場合は、その旨をお申し込み時にご相談下さい。

    Refreshed PC活用コース

    • 講習内容
      今年4月にWindowsXPのサポートが終了しセキュリティ更新プログラムが提供されなくなると、インターネット利用時にウィルス感染等のリスクが発生します。
      本講座では、WindowsXPのサポート終了後も従来の資産を活用しつつ、インターネットを安全に利用する方法を考えます。
      具体的には、「インターネットはLinuxで」をキーワードに、Windows環境とLinux環境の共存をご提案いたします。
    • 開催日時
      2014年4月12日 土曜日 13:15~16:45
    • 開催場所(上記の地図を参照)
      さくらWORKS<関内> 横浜市中区相生町3-16 泰生ビル2階
    • 受講対象者
      古いPCを使い続けたい方
      Linuxに興味のある方
      TwitterやFacebookに興味のある方
      もちろん、PC初心者の方大歓迎です
    • 備考
      講習会で使用するPCは当法人で用意しますが、台数に限りがありますので、受講申込者数によっては受講者の個人PCのご持参をお願いする場合があります。
      ご持参頂くPCは、DVDドライブが搭載されていることが必要です。
      また、USBメモリからの起動(ブート)が可能であることが望ましいです。(USBブートについては、下記参照)
      受講申込者の人数によっては、講習会が延期・中止となることがあります。
    • お申し込み方法
      以下の宛先にe-mailにてお申し込み下さい。
      info@oss-city.or.jp  (クリックするとメールソフトが起動します)
      本文に以下の内容を記入して下さい。
      ・受験コース:「Refreshed PC活用コース」とお書き下さい
      ・受講者氏名: ・・・受講する方のお名前をお書き下さい
      ・e-mail: ・・・ 「個人PC持ち込み」あるいは「OSS-CityのPC利用」のどちらかをお書き下さい
      ・電話: ・・・宜しければお知らせ下さい(必須ではありません)
    • 受講料
      受講料:4,800円
      上記お申し込みメールを受け付け後、振り込み先をご連絡いたします。
      事前のお振り込みが難しい場合は、その旨をお申し込み時にご相談下さい。

    USBブートについて

    「Refreshed PC活用コース 」では、LinuxをインストールしたUSBメモリ(あるいはDVDメディア)から起動(ブート)し、既存のWindwosXPに影響を与えない環境でインターネットアクセスを行います。

    PCがUSBデバイス(USBメモリやUSB接続のHDD)からの起動をサポートしているかどうかは、BIOSのセットアップ画面で確認できます。

    BIOSのセットアップ画面の呼び出しはPCによって異なります。

    図の例では、メーカーのロゴが表示されている間に、F2キー押下することにより、BIOSセットアップ画面を呼び出すことができます。

    BIOSセットアップ画面のBOOTタブで、「External  Device」や「USB HDD」からブートするように設定します。 (この設定のやり方も、PCによって異なります)

    その後、ブートデバイスの起動順序の設定を行います。(「External Device」や「USB HDD」の起動優先順位を上げる)

    これで、USBメモリやUSB HDDから Linuxが起動することが出来ます。

    ただし、古いPCの一部では、そもそもUSB Deviceからの起動がサポートされていないものがあります。

    その場合でも、LinuxをインストールしたDVD(Live-DVDと言います)から起動して、インターネットアクセスを 行う事が出来ます。

オープンオフィス参考書新刊のご紹介

オープンオフィス参考書のご紹介