• 3月21日(金曜日:春分の日)にPC活用講座を開催します

      0 comments

    OSS-Cityでは今回で3回目となるPC活用講座として、3月21日(金)に以下の2講座を開催いたします。

     

     

    今回は、横浜コミュニティデザイン・ラボ様との共同開催で、さくらWORKS<関内>が会場となります。

     

     

     

     

    LibreOffice/OpenOffice活用コース

    • 講習内容
      LibreOffice/OpenOfficeはMS OfficeのExcelやWordと同じように使える無料のソフトです。
      LibreOffice/OpenOfficeは市販のパッケージソフトではありませんので、インターネットからダウンロードしてからインストールします。
      本講座では、受講者自らサイトからのダウンロード及びインストールを行っていただきます。
      また、家計簿などのコンテンツを実際に作成する事により、LibreOffice/OpenOfficeがExcelやWordと同じように使えることを体験していただきます。
    • 開催日時
      2014年3月21日 金曜日 春分の日
      10:00~12:00
    • 開催場所(上記の地図を参照)
      さくらWORKS<関内>
      横浜市中区相生町3-16 泰生ビル2階
    • 受講対象者
      無料のOfficeソフトに興味のある方
      Microsoft Officeと同じように使えるのか興味のある方
      もちろん、PC初心者大歓迎です
    • 備考
      講習会で使用するPCは当法人で用意しますが、台数に限りがありますので、受講申込者数によっては受講者の個人PCのご持参をお願いする場合があります。
      受講申込者の人数によっては、講習会が延期・中止となることがあります。
    • お申し込み方法
      以下の宛先にe-mailにてお申し込み下さい。(クリックするとメールソフトが起動します)
      info@oss-city.or.jp
      本文に以下の内容を記入して下さい
      ・受験コース:「LibreOffice/OpenOffice活用コース」とお書き下さい
      ・受講者氏名: ・・・受講する方のお名前をお書き下さい
      ・e-mail: ・・・ 「個人PC持ち込み」あるいは「OSS-CityのPC利用」のどちらかをお書き下さい
      ・電話: ・・・宜しければお知らせ下さい(必須ではありません)
    • 受講料
      受講料:2,800円
      上記お申し込みメールを受け付け後、振り込み先をご連絡いたします。
      事前のお振り込みが難しい場合は、その旨をお申し込み時にご相談下さい。

    Refreshed PC活用コース

    • 講習内容
      今年4月にWindowsXPのサポートが終了しセキュリティ更新プログラムが提供されなくなると、インターネット利用時にウィルス感染等のリスクが発生します。
      本講座では、WindowsXPのサポート終了後も従来の資産を活用しつつ、インターネットを安全に利用する方法を考えます。
      具体的には、「インターネットはLinuxで」をキーワードに、Windows環境とLinux環境の共存をご提案いたします。
    • 開催日時
      2014年3月21日 金曜日 春分の日
      13:15~16:45
    • 開催場所(上記の地図を参照)
      さくらWORKS<関内>
      横浜市中区相生町3-16 泰生ビル2階
    • 受講対象者
      古いPCを使い続けたい方
      Linuxに興味のある方
      TwitterやFacebookに興味のある方
      もちろん、PC初心者の方大歓迎です
    • 備考
      講習会で使用するPCは当法人で用意しますが、台数に限りがありますので、受講申込者数によっては受講者の個人PCのご持参をお願いする場合があります。
      ご持参頂くPCは、DVDドライブが搭載されていることが必要です。また、USBメモリからの起動(ブート)が可能であることが望ましいです。(USBブートについては、下記参照)
      受講申込者の人数によっては、講習会が延期・中止となることがあります。
    • お申し込み方法
      以下の宛先にe-mailにてお申し込み下さい。(クリックするとメールソフトが起動します)
      info@oss-city.or.jp
      本文に以下の内容を記入して下さい。
      ・受験コース:「Refreshed PC活用コース」とお書き下さい
      ・受講者氏名: ・・・受講する方のお名前をお書き下さい
      ・e-mail: ・・・ 「個人PC持ち込み」あるいは「OSS-CityのPC利用」のどちらかをお書き下さい
      ・電話: ・・・宜しければお知らせ下さい(必須ではありません)
    • 受講料
      受講料:4,800円
      上記お申し込みメールを受け付け後、振り込み先をご連絡いたします。
      事前のお振り込みが難しい場合は、その旨をお申し込み時にご相談下さい。

     

    USBブートについて

    「Refreshed PC活用コース 」では、LinuxをインストールしたUSBメモリ(あるいはDVDメディア)から起動(ブート)し、既存のWindwosXPに影響を与えない環境でインターネットアクセスを行います。
    PCがUSBデバイス(USBメモリやUSB接続のHDD)からの起動をサポートしているかどうかは、BIOSのセットアップ画面で確認できます。
    BIOSのセットアップ画面の呼び出しはPCによって異なります。
    図の例では、メーカーのロゴが表示されている間に、F2キー押下することにより、BIOSセットアップ画面を呼び出すことができます。
    BIOSセットアップ画面のBOOTタブで、「External  Device」や「USB HDD」からブートするように設定します。
    (この設定のやり方も、PCによって異なります)
    その後、ブートデバイスの起動順序の設定を行います。(「External Device」や「USB HDD」の起動優先順位を上げる)

    これで、USBメモリやUSB HDDから Linuxが起動することが出来ます。

    ただし、古いPCの一部では、そもそもUSB Deviceからの起動がサポートされていないものがあります。
    その場合でも、LinuxをインストールしたDVD(Live-DVDと言います)から起動して、インターネットアクセスを 行う事が出来ます。